カモミールNO,5

                      f:id:y542067:20210905120000j:plain

カモミールNO,5が飛んできた。号数を重ねるごとにバージョンアップして、見ごたえのある内容になっている。コロナに負けずに、コロナ対応の新規格が生まれている。

「2020年の私」列島の北から南までの柳友のコメントでの近況報告、楽しく読める。「1句のススメ」も、密になって読みごたえがある。

カモミールネット句会・雪の足跡」会員同士のネット句会なのだが、内容を丁寧に文字に起こしての内容は、物凄く面白くメンバーの熱いものも伝わって勉強にもなりました。ただただ感心して読ませていただきました。

メンバーの自由吟

       爪   夢路

        ・亡き母の日記のロシア兵の銃

        ・小刀で切ってもらった爪の昔むかし

        ・梅返しの羽織と長着昭和の写真

       梅茶漬け  潤子

        ・トキメカナイ方にアッサリ入れられる

        ・誰が何と言おうと泣く時はポテチ

        ・ケーキ入刀 ほどよく錆びてゆきましょか

       坂降りて  守田 啓子

        ・ブラウスから透けているシルル紀の海

        ・人ひとりノイズ残して消えてゆく

        ・死語禁止パスタ巻くとき抜刀のとき

       操舵室   細川 静

        ・晩酌に落ち着く今日の鼓動音

        ・四囲無人夢月の夜は鋭角に

        ・容疑者否認彼もおンなじ飯を食う

       川音    滋野 さち

        ・化粧した母を初めて見たひつぎ

        ・少年をひそかに呼びに来る樹海

        ・隣には春がズキュンと立っている

       深呼吸   笹田 かなえ

        ・リサイクルショップ私をひと巡り

        ・懐剣は乳房の位置に真っ直ぐに

        ・ッタッタッタ氷柱のしずく夜が明ける