島根県文芸フェスタ・川柳大会

f:id:y542067:20190915143639j:plain

  「 兼題 生きる」の選者と、三才受賞者

2019年島根県文芸フェスタが、前夜祭の昨日と今日の大会と忙しい敬老の日

今日の午前中、小島蘭幸さんが「川柳と私」の講演。そして午後からは川柳大会.

4年に1度順番として松江が会場担当で、バタバタと準備と参加者の受付と忙しかったが、無事に終了してホッとしたところです。参加者の皆さんお疲れさまでした。

  参加者(87名)欠席投句(40名)

    入選句

  けやき坂歌ってももクロも踊る (若い)

  氷ガリガリ若い快感食べている (若い)

  ホッといたしました上皇后さま (元気)

  この手しかないのかのっぺらぼうになる (顔)

  職務質問雪駄の顔で受けている (顔)

  ポールモーリヤ聴いて歴史を掘っている (歴史・軸)