島根県総合美術展

第51回島根県総合美術展
(写真左:県知事賞作品)
穏やかな天気で久々に太陽さんが、顔を出しているが部屋の中は寒い。先日からブログへの写真の取り込みが出来ずにいたが、「はてなdiary」から2個のアプリのインスツールをとの指示であるが・・・大丈夫かい??と不安な中インスツールしてみたが、今までとは違って「時間差攻撃」みたいな感じで写真をアップされるが・・これっていいのか??

天気に誘われて「第51回・島根県総合美術展」に出かけた。日本画・書・洋画・工芸・写真・デザイン・彫刻の7部門の、知事賞・金賞・銀賞・銅省 が贈られる。個人的には、洋画&写真が目当てで、他はあまり興味がない。
知事賞「Never Surrender (県美展へのミューズ)」とかの作品。審査官の評:生体標本のような形態が横溢する画面は、一見して気味悪くも感じますが、作者を取り巻く様々な環境感情のるつぼとも見えます・・・・だってさ個人的な意見では、これが知事賞??それはないだろう??気味悪く人体が描かれて、なんとなく進撃の巨人をイメージするような絵画だったが・・・金賞・銀賞・銅賞もピンとくるものでもなくがっかりして帰宅。ちなみに私が一番気に入った絵は、右上の絵画で精霊舟との題。湾の中を見渡せる小高い丘の上からの構図になっている。
     エビフライの厚い衣の絵画展     文芸も美術もミラクルワールド     鼻っ柱折れて黄色の12月