0番線

    0番線 


おかじょうき誌上句会「0番線」榊陽子・Sin 選による兼題「愛」の発表があった。参加者94名・入選句24句の厳選・・・芳山は見事両者に認めてもらえず全没。ショゲル。さてさて、入選句のなかから特に気に入った句をチョイスしてみた。
    愛 ÷ 愛 何度割っても浮く泡  前田ゆうこ    焼き網にこびりついてるように愛  渡邊こあき    完璧な死体のように抱き合った   小野 善江    手開きにされるすやすや眠る間に  斉尾くにこ    昨日まで愛だった葱の空洞     土井 雅子    空蝉の鳴き声「アノコガホシイ」  奈良 一艘