N700系「みずほ」

    http://d.hatena.ne.jp/y542067/20180214/1518604353松江川柳大会案内
   
   みずほ指定席
7日の伯備線[特急やくも6号]が架線トラブルで15分の遅れ。岡山9:53の「のぞみ12号」に乗り換えができず、10:02の新幹線「みずほ600号」に乗ってくれとの駅員さんからの指示。
後で調べたら、みずほは「のぞみ」で運行しているN700系を基本に、「寛ぎ」「安らぎ」をさらに進化させた新幹線でJR西日本JR九州の共同で開発平成23年3月12日より新大阪〜鹿児島中央間で運転を開始した新幹線だった。
これがまた、すばらしくいい乗り心地なのだ。座席は2・2の4列でゆったり、そして座席間もゆったり。ひじ掛けは木目調だし、シートも床も木の色で、なんかいい感じなのです。やくも・のぞみなどとは比較にならないほどゆったり。「寛ぎ」「安らぎ」のコンセプトがハッキリと受け取れる新幹線。
大阪・神戸に行く時は、「みずほ」に乗ることにする。ただしこの時間帯だけが待ち時間が短いので許容範囲かと思う。25分の乗り換え時間ですが、「のぞみ」より「みずほ」がいい。今回はユーティリティー部分を見ていないので、次回はチェックしたい。
    殿中を新幹線が通ります    新幹線ズズとカモノハシですやん
    山陰を避けて新幹線のほぼ謀反