週末の川柳

25日:大山滝句座11月例会
米子市の紀の治さんと参加のために、いつもより20分早めの10:40松江をスタート。こちらからは寿代の3人。これまたいつものように、「牛骨ラーメン・たかうな」でラーメンを啜って例会参加だ。ラーメンはあっさりしていて旨い。例会は9月は台風で中止・10月は会場が取れないとかで中止のため3ケ月ぶり。参加者は30名
     誰が何言ったところで俺はオレ     大福の予定が餅に入れ替わる     挨拶もしない輩は百叩き
例会が終了して、3人はそのまま鹿野へ向かった。明日の大会参加のためである。 
      第37回川柳塔鹿野みか月川柳大会
25日:前夜祭が18時からであるが16:30に到着したので温泉のゆっくり入り今夜の宴待っていた。
前夜祭は24名の参加で、ビールから焼酎の水割りへと進んだ。その宴も終わって、野郎の雑魚寝部屋に10人あまり集まって2次会がスタート沖縄からの文切さんも参加して、好き勝手な言いたい放題。22時頃か解散。
26日:大会当日1時間ほど朝風呂。9時過ぎに開場に向かった。開場までは3分〜4分
  森山盛桜挨拶 
会長挨拶で「今回で、川柳塔鹿野みか月川柳大会を終わりにします」とのビックリ報告があった。諸事情があったのだろうが、37回も続いた大会だけに残念なことだ。
          参加者11?名
       ドライフルーツあなたは味気ない女       クリッククリック簡単なんて嘘だから       胃袋に詰め込む仲間との笑い
       食べかけの餅が化石になっている       デコポンも私も頑張りが足らず  他
16時前に終了。スイスイと帰宅としたいが、9号線工事のために渋滞そして交通事故も重なって2時間もかかって松江に到着。
今月11月は毎週末川柳大会参加の遠征が続いた。来月からしばらくは冬眠の予定です。