彼岸

彼岸らしい。仏教的にどうなんか知らないが、墓参りや墓掃除などをする日だと子供のころから教わった。しかし今では、全然守らずに、ご先祖様を、ほったらかしにしている。
もっとも日頃から、仏壇に向かって手を合わすことはない。お盆ですら山に出かけて家に居ないし、家から車で10分足らずの墓にも行くことがない。そのうちバチが当たるのかもしれないし、すでにバチが当たっているかもしれない。
こんなオイラも彼岸に守っていることがある。必ず「おはぎ」を食べることだ。なぜ、彼岸におはぎなのか知らないが、ご先祖さんの教えは守らないといけない。
     コングラチュレーション 穴を掘っている     曇天にドンテン雲の吹き溜まり     一日の表も裏もくもり空