大荒れの天気

            第10回記念 松江川柳大会
 〇 日時:2017年 7月30日(日曜日)10:30開場 〇参加費:1,500円(大会誌呈)
 〇 会場:松江テルサ4F会議室 (JR松江駅隣り)
 ★ 宿題 各2句詠 :出句締切 13:00 
  「角(かく)」 丸山進 選(愛知・瀬戸) 「遊ぶ」新家完司 選(鳥取琴浦
  「メガネ」 熱田熊四郎 選 (島根・出雲)
  共選 3人選 (女性3人による共選) 2句詠
   「センス」 紱田ひろ子 選(岩手・盛岡)  平井美智子 選 (大阪・大阪)
         樋口由紀子 選 (兵庫・姫路)

 ※ 当日参加(飛び込み)も OK ですのまだまだ、間に合いますよ〜


きのうの25日午前1時頃の事だが、そろそろ仕事が終わる時間。雨粒は大きく雷が、ガンガン響いて大荒れで連発の稲光と雷鳴が続く。絶対に3〜4発は近くに落ちている。初めて体験する荒れ方だった。
被害はなかったと思っていたが、新聞によると
「同市黒田町、東奥谷町の計5棟が床上浸水。床下浸水は両町などの計18棟で確認された。松江城に近い松江市黒田町周辺は土地が低く、大雨が降ると堀川につながる用水路などから水があふれることがある。黒田町では25日朝も道路の冠水が続き、住民らが清掃に追われた。」
新聞にあるように、あの辺りは土地が低いのだろうけどな何とかならないのだろうかな〜ってなんとなく他人ごとで、スイマセン。
     創世の松江か夜が割れている
     ムチ打ちの連打か雷鳴が続く
     稲妻に残るアマデウスの眉間