川柳塔まつり〜西日本大会

3日朝4時松江スタートして、鳥取北栄町〜倉吉で合流して3人で大阪へ向かった。今夜泊まるホテルが大阪の江坂。車をホテルに置いて電車で近鉄谷町九町目に向かったのだが、田舎者3人を心配して、先に会場入りしている完司親分から、事細かく案内メールが届く。「陸橋を上がって駅で、280円の切符を買え。最後尾の客車にのれ・・・・」田舎者3人はその指示に従い会場のアウィーナへ無事到着。初めてのお使い??かいな

出句を終えてから、大阪と青森の彼女と東京のオッチャンとで、再会を祝ってかる〜くカンパイ。そして、大会〜懇親会〜カラオケ〜三次会。騒いで狂ってバカやって楽しい過ぎる時間を楽しんだ。
写真① 大会風景  写真②〜④ カラオケ風景
     入選句 (参加者334名)
    宍道湖の宝を皆さんに配る
    草原の風を知ってる蒙古斑
    ニュートンとわたしにどれほどのギャップ


 4日: 7時に大阪の江坂を出発。今日は「西日本川柳大会」で弓削に向かった。途中事故トラブルなどあり、出句締切の20分前にギリチョン到着。
この大会は以前から、相性が悪くて成績が悪かったのだが、今回は事前投句が1句あっただけで当日句は「ゼロ」であった。その事前投句の句もどんな句を出したか忘れている。
ここで、完司親分3人とこちら2人に分かれてそれぞれに帰宅。米子で同僚を下ろして、松江到着が18:30この2日間の走行距離は638キロ、成績が悪かったせいかドッと疲れた。