たぶん桜

      f:id:y542067:20210308152957j:plain たぶん桜・さくら・サクラ・違うか?
天気予報では晴れだった今日、実際は曇り時々小雨。散歩も迷いに迷って近所をうろうろ。多少寒さを感じたがそれほどでもない寒さ。

驚いたことに、たぶん桜だと思うけど、サクラでしょうが、さくら。が満開で咲いていた。家からほんの近くで驚きです。

       頭上にはサクラ足元にはツバキ

日帰り「鹿島多久の湯」

   お隣の名も忘れた木f:id:y542067:20210307123648j:plain

今日は年寄りにはいい感じのファミリーでの日帰り温泉。拙宅から北西に車で20分、回りは田んぼでポツンと「鹿島多久の湯」だある。

日曜のためか、お客さんは多い。7:3の割合で60歳以上である。洗い場に入ってビックリしたのは、背中一面に「入れ墨」のおっちゃん。じっくり見られず、なんの絵柄の入れ墨かは不明。

       金さんにしてはくすんでいる桜

 

雨の週末

    2016年8月15日:槍ヶ岳f:id:y542067:20160815152429j:plain

昨日も今日も雨。ここのところ数日は、引きこもりからやっと抜け出し市内巡回をして、少しばかりの汗を流して喜んでいた。

雨になると喜んで炬燵に潜り込み、昔の回想やテレビを見たりと引きこもりを楽しんでいる。しょせん怠け者なのです。

       爆音のころはギラリとCan the Can

やっぱり大山

f:id:y542067:20210304143006j:plain 弓ヶ浜からの大山

     嵩山山頂からの大山f:id:y542067:20210304115836j:plain

市内の巡回も飽きたし行くところも思い付かないままに、ふらふらと嵩山に登って中海と大山を眺めた。

雪の大山は緩やかに伸びるすそ野が見事な正三角形を造り、どっかりと胡坐をかいている。何事にも同時ない雄大さをまざまざと見せつけている。

大根島を抜けて産業道路を走り、雄大な雪の大山を見ながらドライブ。いつも見る大山の角度とは違った角度の大山は、荒々しさをのぞかせていた。

          淋しいか大山いつも独りだが

コンパス

    f:id:y542067:20210303162004j:plain    f:id:y542067:20210303162034j:plain

                         運動公園内の椿

なにかしら川柳関係の仕事が多い。まぁ~段取りが悪い。処理スピードが遅い。

等々で、時間がかかっているのが現実。あきませんなぁ~

今日は、運動公園の周回コースのウォーキング。前を歩いていたおっちゃんが、

普通に歩いているようなのにオイラより速い。オイラは急ぎ足だが、前のおっちゃんが速い。不思議だグングン先に進んでいく、なぜかい・・足の長さか??

       ゆで卵つるんと春に騙される

      

今日も散歩

  f:id:y542067:20210301112625j:plain    f:id:y542067:20210301113640j:plain

    カラコロ大黒              雨粒和伝

今日もいい天気。松江の最高気温22度とか。そんなんで昨日に続いて、目的地ナシの1時間歩いたところで、帰宅する2時間のプラプラ散歩。

昨日とは逆方向で松江城方面。昼になって近くの蕎麦屋さんで割り子そば。腰が弱々でダメ!!場所的に観光客がよく入る店だが、これが出雲蕎麦なんて思われたくないな~

帰宅したら「第19回 青森県近代文学館・川柳大会入選句集」が来ていた。投句したのも忘れていた。確か参加費が無料だった気がする

各題1句詠 3人の共選で、154名の応募があったらしい

     結 果

  宿題「コロナ」没

  宿題「未来」 アトムとはそろそろ会えるはずですが

  宿題「揺れる」昨夜から揺れてた星を抱きしめる

春との散歩

f:id:y542067:20210228121426j:plain定番の嫁が島、奥は松江温泉

         宍道湖畔のオブジェf:id:y542067:20210228123205j:plain

素晴らしくいい天気。家に埋もれていては、もったいない天気。とは言えどこへ行く予定も案もない。

定番の運動公園で周回コースの歩きだと、根性なしの私は途中でやめてしまうだろうから、ブラブラ歩いて1時間たったところで戻ることにした。それならば帰るまで歩かなければならない。

てなことで見慣れた宍道湖畔を、ブラブラ散策して気分爽快の散歩だった。

         散歩する隣に春が付いてくる