偏食

f:id:y542067:20200125162230j:plain

f:id:y542067:20200125162255j:plain

好き嫌いが多くて、本人の私はなにも感じていなかったが、周りの人から「偏食家」だと言われる。
練り製品が嫌い。蒲鉾・竹輪・おでん・煮しめ料理 この辺がいけません。飲みに行っても「おでん屋」には入らない。あの臭いには頭が痛くなる。
      おでんカマボコ親の仇をどう殺す

いつものこと

おやつですf:id:y542067:20200124192147j:plain

今日と・昨日のアイスf:id:y542067:20200124190621j:plain

わたしの毎晩の楽しみを紹介します。どうでもいい~。興味ないって方ばかりだろうが我慢しなさい。

17:00退社・17:20帰宅して風呂・17:40夕食・・・がいつものコース。楽しみはこれから晩酌である。ビール350mlを1缶・焼酎のロック一杯。酒と酒のつまみでお腹はいっぱい。そして火照った身体に「アイスクリーム」!
今日は「冬限定ジャンボバニラモナカ」昨日は、サンデーカップ。冬限定モナカはミルクのコクがしっかりしていて美味かった。限定品ですね。

おやつは、寝る前や、休みの日

などにチョコ・ビスケット・リッツ・クッキーなどである。ほかには、皆さんもご承知だろうけどケ-キは大好物。
    ガキンチョのままでまだまだ狂ったる

筒井祥文追悼 「らくだ忌」第1回川柳

筒井祥文追悼 「らくだ忌」第1回川柳大会

とき:2020年5月16日(土曜日)午前10時開場 出句〆切11:30

ところ:コープイン京都 2階1202号室

〶604-8113 京都市中京区柳馬硝薬師上ル井筒屋町411  

                     ℡ 075-256-6600

開会:13時~   開会の言葉:石田 柊馬

兼題「芸」きゅういち 選 

     つきつめてゆけばアシカの笑う芸 祥文

  「ジャズ」 清水 かおり 選

     追伸のそれは見事なジャズである 祥文

  「自転車」 真島久美子 選

     自転車で来たので自転車で帰る 祥文

  「笑」 井上 一筒 選

     遺書の例文おもむろに笑い出す 祥文

  「蓋」 樋口 由紀子 選

     美しい千利休に蓋をする 祥文

  「亀」 謝選 くんじろ 選

     ありあまる時間が亀を亀にした    祥文

※ 各題2句だし・謝選のみ1句出し :欠席投句拝辞

閉会の言葉:富山やよい

  会費;2000円  懇親会:6000円 同会場

お申込み・お問い合わせ

 「らくだ忌」川柳大会実行委員会事務局

〶546-0043 大阪市東住吉区駒川 1-10-22

  長屋ぎゃらりぃ・くんじろう内

  TEL 090-5125-7905

 

 

 

  

 

 

大山入山有料化

2020年1月18日の大山f:id:y542067:20200118112602j:plain

年間およそ6万人が訪れる大山では、環境保全や登山道の整備にかかる費用の一部を、登山者にも負担してもらおうと、入山料の導入に向けた検討が進められている。


2019年10月と11月の週末を中心に10日間にわたってアンケート調査では8割の方々が賛成だったらしい。


 基本的には賛成なのだが、大山の夏山登山道は、登山道ではなくハイキングコース。あそこまで整備する必要性があるかは疑問。大山そのものを、破壊しているのではないか?
     自己責任かごめカゴメの輪の外へ

今年の運

    年賀はがきお年玉
1等  下6ケタ 895123
電子マネーギフト(31万円) または 現金30万円
2等  下4ケタ 9406
ふるさと小包
3等  お年玉切手シート
    下2ケタ 37:67:16

毎年のことだが、年賀はがきお年玉を楽しみにしている。新聞を広げて年賀はがきをじっくり見ながら、当選ナンバーのチェックをするのが確か去年は「ゼロ枚」だったはずだ・・・今年は1枚!たった1枚である‼
120~130枚のなかからで、いかに運が悪いかがわかる。30万円あれば豪遊ができたのに。

     大凶の運が纏わりついている

 

   

 

第39回新春津山川柳大会

f:id:y542067:20200119093932j:plain

   大山の南壁

f:id:y542067:20200119130656j:plain

     会 場

f:id:y542067:20200119114806j:plain

    モダン焼き

f:id:y542067:20200119120211j:plain

    ホルモンうどん

8時30分、岡山県津山市に向かって出発。今日は「第39回新春津山川柳大会」への参加です。大山滝で合う仲の良い奴が津山の会長になっての初めての大会で応援に来たのだが、体調不良で会長さんはお休みだってさ。

約2時間余りの行程。10時半には到着したが、会場は満員座る席がない・・・完司親分の隣が空いていたが、ガンガン呼名するだろう親分の隣は座りにくい。仕方なくこの席で我慢。句提出で初めて「兼題・車」の作句を忘れていることに気が付くき、IQの低い脳味噌をフル回転で作句「席題・弾む」と「兼題・車」をクリヤーしてひと段落。

 

昼飯は、弁当の配布があった岡山の知り合い男・2人 女・4人で近くのうどん屋で、モダン焼き・ホルモンうどんを各自でいただく。量が多くて腹いっぱいになったが意外といける。

祝辞などがもたもたあったが、披講はトントンと進んで、15時には終了したので、会場を飛び出て17時には自宅に到着。今週も川柳漬けの2日間でした。

   入選句 参加者136名
オリンピック景気に弾むのは都会 (席題・弾む)
オリオン座肴に焼酎のロック    (のんびり・準特)
ふところに反旗忍ばせ出社する   (旗)
目覚めれば確かめているヘソの向き (機嫌)
「ラ」の音が掴めずスタートを逃す  (スタート)
パトカーと一度はしたいカーチェイス (車)

大山滝:2020年1月例会

f:id:y542067:20200118112601j:plain

   雪の有る「大山」

f:id:y542067:20200118135656j:plain

   浦安の「日本海

f:id:y542067:20200118171421j:plain

  夕焼け・車がいない

11時に大山滝1月例会に向けて、栂瀬みちをさんの新車デミオで松江をスタート。新車デミオはまだ800kmしか走行していない。オーナーのみちをさんも車の装備を認識していなくて、使いこなしていない。なにやらやたらにブザーや警報音が鳴っていた。


 すみれ食堂で久々のラーメンを喰って会場へ入った。今日は令和元年度・年間賞の発表があった。2019年に句座入選句を各人が2句応募して、第三者の選者による選での合計点の順位。応募句68句・34名の参加。選考は、小島蘭幸さん・西出楓楽さん・森山盛桜さん。

                           令和元年年度賞
  年度賞:特等と船底がある地球丸     新家 完司
   準賞:寿命さえわかればお金使い切る  門村 幸子
   佳作:砂漠では生きれぬ鳥取ラクダ  斉尾くにこ
   佳作:温暖化みんなで背負う大きな荷  田賀八千代
   佳作:残すには少し足りない明日の酒  竹村紀の治
   佳作:わたしには鬱になるほど暇はない 田中けいこ
   佳作:むらむらっとしたら水平線を見る 但見石花菜
   佳作:ちっちゃいが支えてくれる足の指 前田 楓花
胴元の親分が年度賞だなんて・・・謙虚に辞退すればいいのになんて思ったが、それでもオイラには賞は届かないので、これでいいっか??
さてさて、今日のオイラの入選句
 席題「浮かぶ」
  ビィバルディの春にプカプカ浮かんでいる
  なにしても空虚で曇天に浮かぶ
 兼題「秘密」
  秘密なら俺に言ってはいけません
  10年経てば秘密も霧になる
 兼題「古
  古いのは罪かあなたに聞いている
  縄文と弥生に空飛ぶ円盤
 兼題「ベル」
  モノクロの街へと変わる非常ベル
  ベルガ鳴る三途の川の舟が出る